スイングトレード損切り、リスク回避案へ追加します

先日の「スイングトレードしてみます」の記事で、少しユーロドルのショートポジションを保有し、1回当たりの利益を大きく狙ってみようと考えておりました。

しかし、相場は甘くはありませんでした。物の見事に逆指値にかかり自動で損切りされてました。

おやおや、やはり私にはスイングトレードは苦手。今回だけではありません。以前も何回かトライしてます。 1回や2回で諦めたわけではありません。

スイングトレードで利益を出している方はたくさんおられると思います。スイングトレードが悪いと申しているわけではありません。

現在の私のFX攻略には入れないほうがよいトレード方法と思っております。なので、私のFXルールとしては、「スイングトレードはしない」という戦略にしようと思います。やってはいけないこと、リスク回避案としたいところです。

これは、FXにおいて、「人の真似をすることは凄く難しい」ということを説明してくれる事象になるのではないでしょうか?

FXや株などの投資活動は、個人で行う場合において、その人の性格がまともに反映される活動と解しております。人の真似やFX教科書を読んだとおりにFXをしてもなかなか勝てないのもこの性格が悪さをしているのではないでしょうか?

換言すれば、自分の性格にあったトレード方法を生み出すことが必要だと私は考えております。スイングトレードですと自身がない私は、1回大きな損失を出すとそれを取り戻すことは難しいと考えてしまうし、常に上下運動しながら上昇や下落をして為替相場に利益確定しながら順張りしていった方が効率的と思いますし、過去に異常事態から為替が逆方向にとんでもない大きな動きをしてロスカットされる経験もしているのでリスクも大きいと考えてますし、じれったいとさえも感じます。

しかしながら、自分で設定した損切りは外してはならないと改めて強く感じました。今回のユーロドルのショートポジションに対して私が設定した損切りは、1.0995。価格はその後1.12を超えました。(5倍くらいの損失でロスカットされていたかもしれません。)今も直1.11を越えています。(短期的には上昇トレンド)不幸中の幸いです。


FXブログランキング↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA