カウンターを警戒して取引したユーロドル!しかしFXは難しい・・・

ここのところユーロドルの思わぬカウンターアタックに苦戦している私。昨日は日足チャート上での一目均衡表の転換線や基準線にさしかかるような下落があったので、ショートで責めていたものの反発を警戒。基準線ではあまり反発はすることはなく、1回スキャルできる程度でした。ここ連続しているユーロドルの大きな買戻しも警戒していましたが、今日はそれほど警戒することもなかったですね。

損失がでなかったので良しとします。「カウンターアタックなどの大きな買戻しは今日は大丈夫という・・・」という心は生まれさせず、リスクを絶えず警戒し今日もFXを頑張ります!!

今日FXで注意する二大イベント

  1. (米)21:30予定 消費者物価指数・消費者物価指数【コア】
  2. (米)21:30予定 FOMC議事録公表(7月28日・29日開催分)

少なくてもこの重要なイベント時前のスキャルピングは避けようと思います。

ユーロドルの日足チャートの一目均衡表です。
1508191
青は基準線、赤が転換線、ピンクは21SMA、灰色が75SMAです。私の表示した日足チャートベースだけの分析だと表示されているだけでの話で分かりづらいと思いますがこう考えます。

(考えられるショート圧力)
①ローソク足が雲の下に推移。
②75SMAが下に向いてきた。
③21日線の傾きもなくなってきている。
④ローソク足が21SMA、基準線を下抜けした。

(考えられるロング圧力)
①未だ転換線は基準線の上を推移している。
②未だローソク足が基準線より上にある
④表示はしてませんが、オシレータを見てもロングが危ないとは言えない

私はショート圧力(売り方向)が強いような気がします。自分の中の考え方も漠然としていて下がってきた・・・みたいな感じです。大きな買戻しがある場合には危険と感じます。

ショートでのスキャルピングをしてみたい箇所は、転換線をちょっと越えた21SMAに引き寄せてからの売り(書いている間に到達してしまいましたので、今ショートポジション建ててみました。9:47 1.10345 損切り1.1046)。あとはちょっと上になってしまいますが、雲のすぐ下に推移する75SMAです。1.1105付近になるでしょうか?その他は、より短い時間軸のチャートで水平線と同じインジケーターで探したいと思います。

ロングはスキャルピングするとしたら、一目の基準線付近です。

私の勝手なFX予測です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA