ユーロドル本日の私の戦略(15.08.05)

今日は、本職が外での作業ですので、暑さでヤラレテマス。熱中症の症状からか頭痛がします。でも実は、いつもの偏頭痛だったりして・・・。こういうときにFXすると閃きも悪く、損失を蒙ったときに気持ちがおかしくなるのでトレードしない方がよいですが、ひらめきはあったものですから、私の本日のユーロドルの攻略というか戦略をお伝えしていきたいと思います。

1508051

こちらはコマーシャルでお馴染みの、私も使用しているFX会社、DMMの取引画面でのチャートです。

(DMMドットコムはこちら(→)FXを始めるなら≪DMM FX≫にお任せ!

早速ですがユーロドルの日足チャートからです。一目均衡表とボリンジャーバンドの±1σ、±2σ、±3σを表示しております。日足なので、ボリバン±2σからの反転を狙うこと(信頼して)を前提とすると、白点線の現在の価格よりやや低い、直近の最安値(チャート表示されている部分での話)の水平線を引くと、1.08が割れるあたりに反発すると予想されるポイントがあると思います。本日ここまで下がればリスクは高いですが買いから入りスキャルピング的に取引することが可能かと思われます。リスクはやはり大きな流れが下落トレンド、勢いがあって下がったときには、サポートされず突き破りさらに大きく下落すること(ストップロスを巻き込んだ価格下落)などが考えられますので、サポートされたことを確認してからの取引開始となります。ニューヨーク時間では、あまり攻めない方がいいかもしれません。かと言ってこの後ニューヨーク時間までに価格がさがるとも思えませんが、考え方だけお考えいただければと思います。

1508052
横に長くなってしまうとチャート全体が表示できなくなってしまうので、4時間足で失礼いたします。こちらでも1.08を割れそうになると、最安値付近にボリバンの-3σに接するのでよいポイントかなあと考えます
目標額は、様子を見ながらになりますが3回くらいスキャルピングして、15pipsくらい鞘を取れればベストと考えます。

利益が出たらすぐ決済するくらいのすばやい利益確定をした方が無難かと思われます。何せ、逆張りですから・・・。今日のチャート表示には載せておりませんが、QQEの利用でもご紹介したQQEも売りシグナルを転倒しそうな感じなっております。

他の通貨ペアもそういう面はあると思いますが、直近の最安値がサポートラインとなったり、最高値がレジスタンスになったりすることは少なくありません。だからといって必ず反発するとは限りません、あくまで予測されるという点だけは忘れてはなりません。思い込むと損切り出来ません。駄目だ、危ない、悩む・・・などといったときは、絶対トレードしてはいけません。損きりができないと大変危険です。ストップロスを巻き込んで下落幅を拡大したり、上昇幅を拡大したり大きな損失や含み損を蒙る危険が大きくなります。それだけではありません、レンジブレイクをして下のレンジへ価格が下落してしまい、また上のレンジへ価格が上昇してしまい当分もどってこなくなる可能性もありますので保有してるのもストレスが堪ります。

私も偉そうにこんなことを語らせて頂いてますが、何度も何度も同じことを繰り返してしまい損失を積み上げてます。これを理解することは初心者の方には難しい面もあると思いますがこの文章が理解できないうちはリアルトレードは控えて頂いた方が懸命かもしれません。(お金は大事です)




最大2万円のキャッシュバックが嬉しい初心者へお勧めのDMM証券のFX口座開設案内です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA