昨夜荒れた為替相場、翌日はサポート・レジスタンスが思ったほど利かない

スポンサードリンク

本日の反省、感じたことの失敗談です。

ドル円の押しが深かったです。
一気に売られまして、一気に損切り。
個人的には121円台をキープすると
朝方考えておりましたが、
日本の「鉱工業生産【速報値】」
発表がされると一気にドル円は
売られてしまい、120円7銭台
まで下落、その後もなかなか戻りません
でした。

なかなか厳しいですね。

ユーロドルも一時1.0900付近に近づくも
さすがにそれ以上は下げ渋り、
じわじわと上昇。
現在は、1.0935あたりをうろうろ
している展開です。

朝方の大きな損切りで、痛手を蒙った
私のFX。何とか現在、プラスへ浮上してますが、
張り付いてのこれは、
「お・ろ・か・ぶ」

何とかちょい利益を出したいと考え、
戦略を立て直しました。

中長期の移動平均線上までユーロドルが上昇する(戻る)まで待つ。
ドル円急落したらどこかで買い、上昇してきたら121円付近で売り。
(朝は、ドル円の上昇に勢いがあると思い込んでいましたが、
さほどないようで上昇したら中期トレンドに乗っかり売りを・・・と
考え直しました。)

ひとつ思ったことは、
昨夜大きな値動きをした後の日本時間の相場は、サポートと思うところ、レジスタンスと思うところが、いつもより信頼性がなくなっていることを考慮して取引すべきだと考えました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA