私の勝手な今日(11月6日)のFX戦略

スポンサードリンク

おはようございます。本日は米国雇用統計に着目しての取引です。

こういったビックイベントがあるときは為替などは様子見ムード。大体がレンジ相場の小幅なもみ合い相場になることが多いです。(そう思って油断すると為替レートが大きく動き痛い目にあってしまうので気をつけます。)

期待感からドル円が小幅に上昇していくタイプもありますが、今回はそうにはならずレンジ相場であることを期待していることが前提になります。

アジア時間から雇用統計発表間近までの私の勝手なFX戦略

レンジ相場を前提にして、この時間帯のレンジを把握し売り買いでスキャルピングしていこうと思います。(日本株式市場OPEN後AM9:00直後、仲値決定前後AM10:00前後、夕方のロンドン市場OPEN後などには気をつけます。)
変なところでポジション建てると戻ってこない場合もあるのでいつもどおりシビアにFXしていきたいと思います。
もし、雇用統計発表までに利確できなかったら発表前にはすべてのポジションを損切りしておきます。

雇用統計発表直後の私の勝手なFX戦略

基本、参入しないですが、発表結果が明らかに一方方向でしたら順張りでスキャルピングをしてみたいと思います。本当にさくっとです。利益出た時点で利確くらいの感じです。

雇用統計発表後やや相場が落ち着いてきたらの私の勝手なFX戦略

やっぱり順張りですか。ニューヨーク時間なので利益が出ていれば取引はしないでおきたいと思います。危ないですから。為替ニュースを見ながらチャートを睨んでいきたいと思います。(笑)

ドル円、ユーロドル共にこんな戦略で行きたいと思います。
今日も痛い目に会わない様に気をつけてFXしていきます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA