FXリスク回避案-引き寄せてポジションを建てる時

FXをしている方ならお分かりと思いますが、ルールなどが設定されていないと、またはルールを設定していても精神が弱い場合にはこういったリスクが発生するのではないでしょうか?

っていうか、私の精神の弱さからこういったリスクが発生しているのですが・・・。

どうしても手前でポジションを建ててしまうリスクがあります。なるべく対象としている移動平均線に近づけて売りのポジションを建てたり、買いのポジションを建てたりする場合に、予定より早くポジションを持ってしまう場合です。

この場合、まず一番のリスクは、反発地点が遠い為含み損が大きくなり精神的な辛さが出てきます。次のリスクが損切りになった場合、予定よりも大きな損失額となってしまい自分のFX戦略が崩れます。

なぜ、ポジションを建てるときにこのようなことをしてしまうのか?
①移動平均線に近づく前にまた反転してしまいポジションが建てられず利益を逃してしまうのではないかと考えてします。
②損した気分になってしまう。

結論からいくと、上記①②が間違った考え方です。まず、ポジションを張れなかった場合は、それはそれでリスクを回避したことになります。なぜならFXにおいてはポジションを建てるだけで価格変動リスクが発生しているからです。

また、きちんと分析していない価格でポジションを建てるということは、いい加減なトレードになっている可能性があります。せっかく分析した内容が無駄になりますし、計画性がないトレードということになるとも考えられます。

ナリピンを建ててしまう心を誘発してしまいますし、リスクをかけた割には見返りも少なくなってしまいます。

ギャンブル性を高めてしまいます。

さらに結論付けると、
①分析したトレードポイントまで達する前に取引した場合にはFXリスクを自らの手で膨張させている。(精神的な強さが必要)
②相場の教訓として「魚の頭と尾はくれてやれ」というのがありますが、これをどこまでの範囲とするかが問題にもなる瞬間です。これも考慮した上でトレードポイントを考える必要があるのだなあと感じました。

①の解決策
指値、逆指値の利用です。チャートをずっと見ているとポジポジ病が発生していると手前でポジションを建ててしまうリスクは大です。もちろん、チャートから離れるので指値、逆指値の他に、ポジションを取った場合の損切りも設定しておいた方がいいですね。(IFD、OCO、IFOなどで設定できます)危険ですから・・・。
②の解決策
トレード分析の腕を上げるしかありません。自分のテクニカル分析、トレード手法を勉強し腕を磨くしかありません。「魚の頭と尾はくれてやれ」を折り込んだトレードポイントを考えられる技術をつけるしかないと思っております。

精神的な面も問われる瞬間で、私は未熟さを感じる瞬間です。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA