【FX失敗】ユーロドル取引結果(H27.11.13)サポートライン不明

昨日も難しい相場でした。前夜(11/12夜)は勢いよく上昇したユーロドルも、シドニー市場がOPEN直後は、まだ上昇の勢いが多少あったもののアジア時間からロンドン時間にかけて押し目と考えていたところで再上昇することはあまりなく、ひたすら下げて下げて前日のロンドン時間くらいのレート(1.0745付近)まで下がってしまい、前夜のユーロドルの大きなショートカバーはなんだったのかっていう感じです。
12

結局、反発を狙ったスキャルピングも1、2回ちょっと利益を出すだけでそこからじり下げで損切り。という繰り返し。サポートされるかと思ってもサポートされるラインにはならず損切り貧乏になりました。結果としては戻り売りという戦略が妥当だったのかと甚だ反省するだけです

詳細は、①で押し目のロングをトライするも駄目!ロングのスキャルピングでプラスになるような利益は出ず、下へ落ちてしまったときに損切りで赤字転落。②で移動平均線が重なっている部分で反発も狙うも、狙う暇もなく下へ落ちて損切り。(ここは少しはサポートするかなと思ってましたが反発するどころか素通りのようなイメージで下落してしまいました。)②で移動平均線の下へ行ったのでまた移動平均線に近づいてきた所を今度は戻り売りでスキャルピングというかデイトレレベルで少し様子を見るも残念がなら逆を突かれて反発。今度はじわじわと上昇の一方。①の右下がりのレジスタンスもあっけなく一発で破り、濃い緑色の方の移動平均線も抑えられることなく上昇。結局1.08台を乗せてしまいました。乗せたとたん今度は、静かな時間の中、じりじりと下げ始め、下がるはさがるは・・・。私にとっては、値幅が大きく難しい相場でした。

④などは、米国経済指標(小売上高)が予想より悪い結果となった為一瞬ドル売りで窓をあけて上昇しましたが、やはりそこからジワジワ下がる一方でなんだなんだ?自分のいつも描いているユーロドルの動きをしてくれませんで、ここではじめて諦めました。(数百円の損失まで損を埋めることができたのが幸いでした。)

翌朝(本日の朝)ユーロドルのレートを見て、あれからは(23:30頃)からはほとんど動かなかったんだな・・・と思いチャートで値動きを見ると、何とユーロドルは1.0715あたりまで下落し、また1.0760まで戻ってきたという結構な値動きをしたのでした。

私がなぜ強気でポジションを建てたり、利確を大きめに取れなかったりすることには理由があります。最近男ユーロドルの上下運動には、上昇にしても下落にしても過去の経験から一方方向へ行きやすい相場になることが多かったことにあります。(たとえば中長期トレンドが下落トレンドであった場合に買戻しのショートカバーが入ったときなどは、2,3日上昇しっぱなしということが多くありました)長期トレンドと逆へ動いたとき、レートが止まったと見れば戻りきったんだなと思って大きな流れの方へポジションを取るのが一般的と思いますが、そこからもう一段階、二段階と上がることが多かったことで大きな損失に繋がったことがあったからなのです。

でも、この慎重さが身についてきたのもいいことだと思います。利益が出なくても、大きな損失が減ってきたからです。FX世界の勝ち続ける方たちの割合は1割程度とも聞く中で私は9割の方にまだいるはずです。まず、大きな損失を出さないことが目標となっているのでこのまま慎重にFXしたいと感じました。

ともあれまだまだ相場の予想にはテクニックを磨かなくてはならないなあと感じました。

結果としてのpips損益は以下の通りです。
<昨日のPIPS損益>
・ドル円 +29.5pips
・ユーロドル -5.8pips
PIPSでは+23.7
pips上はプラスですが、金額的には数百円の損失を出してしまいました。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
↑FX関連のブログへ 皆さんのアクセスが記事を書く励みになっております。ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA