主観的戦略-今日の中国経済指標が注目されているようですね。

本日の私のFXの主観的戦略としては、AM11:00頃(中国経済指標は予定発表時間も過去の実績から100%ではないですよね)に発表される中国経済指標次第ということにしたいと思います。

投資ニュースや為替ニュースでも今日の中国経済指標は注目度がとても高そうという感じを受けました。

  • 第4四半期GDP
  • 鉱工業生産
  • 小売売上高
  • 固定資産投資

中でも「第4四半期GDP」は重要度大でしょうか。

ドル円に関しては、経済指標発表までは、日経平均の株価を睨みながらの取引していきます。場合によっては(株価次第では)仲値決定までロング優勢で取引したいと思います。日足からは昨日それほど突っ込まれて売られていないのRSIも30%以上にはなってきましたが、売りが強い、材料がでると買いも強くなるというリスクを考慮しながら気をつけて取引していきます。10時30分頃までにはポジションは全部決済しておくようにし、中国経済指標の発表後は、公表数値に対するマーケットの動きを観察しながら順張り(指標の影響を受けた方向)でスキャルピングしていこうと思います。

ユーロドルは、最近レンジの上下幅が大きくて心配でなかなかポジションを安心して(安心しちゃいけないですが)取るに至りませんが、経済指標発表後は、明らかにドル円と反対の方向になっていればこちらも順張りしてみたいと思います。(ドル円が売りだったらユーロドルは買い、逆だったら逆)

今日も大きな損切りに気をつけて頑張っていきます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA