ドル円の日足チャートでダウ理論出てないですか?

スポンサードリンク


上記は、ドル円の日足チャートです。移動平均線は200日、下はオシレーターのRSIを表示しております。

価格の上昇と、RSIの低下ということで矛盾。ダウ理論から売りを考えることができるという話がよくFXの教科書に書かれます。

個人的にこれを信じ、どこかでショートポジションを張っていこうと考えてます。ただ、上昇トレンドがずっと続いているので、損切りも利確も浅めに設定したいと思います。

・私なりの根拠
①日足で矛盾が出たということで信頼性が高いと仮定する。なるべく高値でショートを張る。
 リスク 価格が移動平均線の200日線の上に来ている。
     上昇トレンド中かもしれない。
     単なる騙しかもしれない。
②リスクが大きいと判断し、損きりは浅め。画像のチャートでの価格表示の110.85付近に置く。
③利益確定は、200日線までには行う。

今、現在110.25円付近ですが、もうちょっと上がってからショートしたいと思います。っていうことで、IFOで注文を入れました。

使用FX会社


私の個人的な相場予想、または考えですのでご承知置き下さい。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ
↑FX関連のブログへ 皆さんのアクセスが記事を書く励みになっております。ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA