FXのリスク管理

FXのリスクとは

投資のリスクは大きいと言われるようにFXのリスクも大。ハイリターンですがハイリスクでもあります。これは、言っている以上にハイリスクです。リスク管理が重要になってきます。

FXは為替取引であり、通常の数倍から数十倍で取引する取引ですので、価格変動に対して利益を出せる反面、思惑とは逆に動けば損失を被ることになります。大暴落、急上昇する価格変動の可能性も無限大にあると言っても過言ではありません。思惑とは逆に動く為替変動リスクを十分に考慮する必要がございます。

私が思うFXのリスクと管理

これからFXを始めるという方へ伝えたいことはリスクが大きいのでしっかり管理しなくてはならないということです。FXは80%から90%は敗者としてFXトレードから退場するということを耳にしますが、大半はリスク管理がされていないからだと私自身考えております。

FXは投資ですから、欲張るとだいたいは損をします。(私の経験上)それが、意外と大きな損失につながる場合は、圧倒的な確立となります。これは、トレンドに乗っかって、安全な限り、できる限りの大きな利益を獲得することとは、意味合いが異なると思います。ここで申している欲張るとは、よく投資の話で出てくる話で、「頭と尻尾はくれてやる」がありますが、これに反して、頭と尻尾まで、欲張ってもぎ取ろうとすると、うまくいかないよ・・・という言葉があります。謙虚に行くべき!ということが一つのリスク管理ともなると、私は考えております。ここを欲張ると、私の経験上は、利益は基より、損失を蒙ってしまうことが多々ありましたのでそう言えるわけです。
しかしながら、これが投資やFXの難しいところで、利益をなるべく多く取らなくていけないにもかかわらず、欲張ってもいけない駆引きが初心者にとっては、感覚として捉えづらいかもしれませんし、また、ある程度経験してもうまくいかないことでもあると思います。
しかし、FXでTHE ENDにならないためには、何としても理解し、実行できる力が必要であると、これだけは断言させていただきます。安全に投資のリスクから開放されるよう徹底的に管理します!

FXにおいては、トレードを開始し、ポジションを持った時から損失を被るリスクに縛られます。あやゆるリスクを交わしたポジションのみ、そのポジションは利益となって持ち主が享受できるものとなります。
FXには、様々なリスクがあり、瞬時にそのリスクに飲まれ、瞬時に予測以上の損失を被ることが多々あります。できるだけ完全安全に近いタイミングで(為替のレートやトレードポイントのタイミングだけではなくその他にもいろいろと)、リスクと思われる事象を限りなく排除し小さくしてポジションを持つことが大切です。
また、ポジションを持った場合、大きなリバレッジで短期トレードいてるのなら、ポジションを持っている中途でも、少しでもリスキーなことを感じたら、すぐに撤退、損切り、利益確定をするためにEXITしなければなりません。
FX会社も選ぶという局面において、リスク管理、リスクヘッジを行うことになるのではないでしょうかと考えました。FX会社も、利用するFXのトレードシステムが、一番自分のFXをトレードする方法に適している会社を選ぶことが必要がある、リスクを最小限にするということに繋がるのではないかと私は考えます。

ブログでも自分なりのリスク管理を考案してます

プロの情報を得てリスク回避に貢献してもらっています。
FX ポータル
ZAI FXというサイトは本当に為替情報を集めるにはいいサイトです。何と言ってもすべて無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加